心臓から一番遠い足の血流を促す

0

     

    足が冷たい、足が冷えてどうしようもない。だから冷え取りソックスなるものを履いているという。2枚、3枚、4枚、10枚、12枚。番町皿屋敷ではない。これまでに見聞きした、履いているソックスの枚数である。(笑;)

     

    冷え取りソックスを履いている方は、足が細く華奢な方が多い。だから何枚履いても靴がきつくならないのだろう・・・。 それにしても、12枚も履いて靴が履けるのだから不思議と言わざるを得ない。

     

    ☆靴下を2枚〜12枚履かれる方には、この木型をおススメします。


    Style 癲15014 ¥45,360(税込)
     

    しかし、冷え取りソックスを履いたからと言って、血流が良くなるわけではない。冷たい足を温めてくれるということ?なのだと思うが、何枚も履き続けるより、血流を促し、改善を図る方が体にも良いと思うのだがどうだろう。
     

    足の冷えは、血流と関係がある。血流が悪いから浮腫み、足も冷たくなる。

     

    GOHANのお客様の中にも冷え取りソックスを愛用されている方がいらした。「もしかして、そのソックスの下は五本指ですか??」「あら、そうです。よくわかりましたね!」長年の感である(笑い)。その方の足も細かった。案の定、偏平足。あまり普段歩いていない足、ふにゃふにゃしている。 
     

    改善方法は至極簡単。GOHANの靴で歩けばよいのだ。アーチを使って歩くうち、第二の心臓と言われるふくらはぎのポンプも鍛えられていく。血液は、重力に逆らって心臓に戻るので、ポンプの役目は重要だ。アーチも弱く、ポンプも働かないとなると、血流は足下で滞ってしまう。それが浮腫みとなる。血流が良くなれば浮腫みは解消される。同時に足も暖かくなる。
     

    前出の女性は、冷え取りソックスが必要なくなったという。ぽっぽしてきて、暑くて履いていられないと言っていた。実際、ふにゃふにゃしていた足は、アーチのある、しっかりとした頼もしい足に変わっていた。
     

     

    GOHANの靴を履いて歩こう♪それだけで快調になるなら、やってみる価値はある。


     


    コメント
    コメントする








       

    profile

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    GOHAN銀座本店

    「GOHAN」の靴は、『格好良さ』と『履きやすさ』の両立をテーマに2009年デビューしたレディース シューズ・ブランドです。『格好良さ』を婦人靴 マニッシュスタイルで表現。 『履きやすさ・歩きやすさ』を新開発のインソールでサポート。 納得の履き心地を実現しました。 ゴハンの靴を履いて歩くことで、骨の並びが整います。足の痛みやタコ、外反母趾などのあらゆる症状の予防と改善に画期的な効果が期待できます。 GOHAN銀座本店は、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM